忘れられない―谷川史子

〈収録作〉

・忘れられない

・つまさきで踊る

・エンドレスマーチ

・春の前日

 

〈その他記事で言及している作品〉

東京マーブルチョコレート谷川史子

・おひとりさま物語(谷川史子

 

あ まだお読みでない方は先にお願いできますか?

(若干ネタバレ入ってますんで)

あっ よろしかったら是非お待ちしてますのでエエ

f:id:mejiro764:20160614123928j:plain

(『他人暮らし』谷川史子 告白物語より)

 

  

この単行本について書きたいがために、はてなブログ開いて、前の記事を書いたようなものです、まったく。

 

谷川史子さんは、おかざき真里さんの次に個人的なブームとなっておりまして、中身をチラ見もせずレジに持っていく数少ない作家さんです。

一条ゆかりさんもそうですね。昔の絵柄だと読むのに少し力がいるので、絵柄だけは確認しますが。笑 それから、槇村さとるさんも割とその傾向があります。彼女の場合は、たいていシリーズ物なので、予算の関係上少しだけ立ち止まりますけども。

 

谷川作品との最初の出会いは、『東京マーブルチョコレート』でした。

 まずはその装丁のかわいさにやられ、開いて絵柄にやられ、ページを繰ってストーリーにやられました。にまっとした笑顔がとてつもなくかわいいんです、谷川さんの絵柄は。

映画の前日譚として描かれた作品で、作中の登場人物ふたりが出会う前の、それぞれの淡い恋物語です。それまでのご都合主義とハッピーエンドが約束された少女マンガ的展開にがっくしきていた私にとって、収録されていた実らぬ恋は驚きでしかなく、最後にさりげなくふたりを出会わせるラストに感動すら覚えました。久々の良質な少女マンガでした。

 

次の出会いは、少し時間を開けて訪れました。

おひとりさま物語』です。

「おひとりさま」ホイホイ状態だった私は、すぐに手に取ったのですが、表紙を見てようやく「ああ、マーブルチョコレートのひとだ!」と気付いたのでした。笑

いろんな「おひとりさま」をテーマにしたオムニバスで、いずれも基本的にひときゅんあったあと、何らかの前向きな決心もしくは行動に移る形で終わります。毎日の生活に埋もれてしまいがちな、日常のささやかな場面や気持ちの動きを、ていねいに切り取るのがとても上手くて、読み終えるとなんだかがんばらなくちゃなと思ってしまう。

登場人物にはそれほど目立つ個性がなく、史子さんの主張しない絵柄(いい意味で、ですよ)も手伝って、ふわりとストーリーに浸れてしまうのが特徴です。作者ががんばってるあっぷあっぷ感がないというか。

図書館戦争』を書いた有川浩は、あとがきで、たったひとつだけ非日常的な設定を入れて、あとは現実に忠実に話を進めていくと語っていましたが、近いものが谷川さんの作品にもあるように思います。ファンタジー色の強いものに関しては、賛否両論なようですが、私はすっと受け入れてしまうなあ。

 

と、ここまで谷川史子さん作品への想いめいたものをつらつら書いたわけですが、(さっさとファンレターでも何でも書けよ!というのは置いといて 笑)その流れからすると、少し異色なのが今作に収録された『忘れられない』です。気丈な主人公が素敵な思い出に昇華させる過程を描く谷川さん作品にしては珍しく、確信犯的に一線を越える場面があります。

 

ざっくり言ってしまうと、元彼と不倫しかけて自己嫌悪する、みたいなよくある話なのですが。笑(身もふたもない)

そんな話ですらも、昇華させてしまう谷川マジックにやられました。

 

「私はエゴイストだ 母の帰りを案じながら あなたをまた呼び出せることがうれしくてならなかった」

作中のモノローグ、もうびっくりしました。一条ゆかりかよ!みたいな。

一条ゆかりさんが、ではないです、念のため。『恋のめまい愛の傷』にあるような相反する気持ち、それもあまり大声で言えないタイプの感情描写を思い出しただけです)

 

このお話では、帰り際に「相手を見送る」かどうかが大事だったりするのですが、「見送る」のはいつも好意を抱く側なんですよね。相手が振り返るかどうかは、ある種の賭けで、そのまま階段を駆けていってしまうと、さみしい。

最後に主人公智花が賭けをするのかどうかは秘密です。

 

『忘れられない』の次に展開する『つまさきで踊る』の台詞も谷川さんのセンスが光ります。

「…私 これでもいっぱいいっぱいなんです 勇気使い果たしちゃって……」

率直に話してしまう男主人公森の宮に、女の子が泣きながら言うこれ。

 

ああ、恋がしたいです先生!!

 

(この記事は以前書いていたブログの再録です)