読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書録を書いていきたい、と宣言するだけの記事

昨年はきれいな三日坊主のお手本を示して、年を終えてしまいました。

今年はがんばります。(フラグ)

 

−−−−−

 

「ワンピースを読まないなんて、人生の3分の1損してるよ!!!」

女の子があまりに自信満々に言うもんだから、ごめんってなった。

当時、大手寿司チェーンとのコラボフェアが始まるほど、ワンピースの流行は爆発していた。ちまたの女子高生のかばんには、まるで示し合わせたかのようにチョッパーのマスコットがぶら下がっていた。新刊が出ると、必ず感想を言い合い、ネタバレやめて!と怒られる姿を見た。読んでいない私ですら、登場人物の名前を覚えたくらいだ。

 

そのワンピースを、この前ようやく読破した。

ワンピースが3分の1を占めるような人生でいいの、という私の考えは30°ほど変わった。3分の1はいやだが、100分の1くらいならいいかもしれない、くらいにはなった。

しかし、79巻とか正気の沙汰とは思えない。しかも作者の尾田さんは、ストーリー以外も細かく作り込んでいるので、巷のさらりと読めるアクションマンガよりは、かなり時間がかかった。11月末に完結したNARUTO!が3晩で読破できたのに対し(一晩で25冊は読めた)、ワンピースは10冊読み切ると夜が明けていた。

尾田さんは、原稿への描き込みも凄まじければ、読者サービスも旺盛であった。

ところどころにパンダを描き込む、古典的な私の好物も仕込まれていた。

その上、落語の萵苣医者ネタ(下記)を盛り込んできたりする、そのセンスが憎い。

 

tweet-manga.seesaa.net

 

まあ、そういう細かいとこは置いとくとして、こういうイッキ読みをしたときによくあるのが「読んだけどうろ覚え」状態だ。

 

ひじょーにこまる。

 

どれくらい困るかと言うと、ワンピース貸してくれた人の「25冊めまで読んだの?アラバスタが終わった後くらいかな、どうだった?」という軽い質問についていけないくらい困る。(しかも、ワンピースオタクの記憶力はライトオタクでさえそこそこ高い)特に、マンガの特質上、人物は名前ではなく顔で覚えることが多い。ワンピースほどの量になると、大学1年生の4月に匹敵するのではないかというくらい、顔と名前が一致しない。正直私は、アラバスタ編のクンフージュゴンに釘付けだった。(が、これすらも「ワンピース アザラシ」で検索済である。)

 

1000冊は優に越えているこれまでの忘れてしまった記憶を取り戻すためにも、そしてこれから出会う本を忘れないためにも、 ここに書いていきたいなと。

ブログなら、加筆修正し放題ですしね!

そう言いたいだけのワンピース話でした。

 

続く、かな……?

 

(この記事は以前書いていたブログの再録です)